いいモノ(製品情報)

取扱い製品

焦げ取りシリーズ


基本的には焦げ取りKINGと同じ使用方法です。
焼肉屋さんは、嫌でも毎日網の洗浄があります。
従って、『いかに効率よく、キレイにするか!』をテーマに
焼き網に特化し、開発されたものが

焦げ取りMEATを使うメリット

●誰がやってっもピカピカ、キレイ!
お店によっては洗浄先任者がいます。この先任者が辞めたとしても溶剤の力で焦げを落とし油汚れを除去するので、誰が作業をしても同じ仕上がりになります。
●コスト削減
回転式洗浄機は場所を取り、騒音も気になります。また、導入費用も掛かかります。 MEATは「イニシャル、ランニングコスト」ほとんど不要。場所取らず。溶剤が閉店後に溶解しているので残業しての作業も不要です。
●排煙ダクトもピカピカ
よくテーブルに所についてる排煙ダクト。 このダクトには金属のフィルターがありますがこれも当然、煙と油でギトギトになります。 これも漬け置きしておけば簡単にピカピカです。

使用方法

焦げ取りMEATは、1つで「浸漬洗浄」にも「回転式洗浄機」にも使用が可能です。
【作業ルーティン】
1.閉店後、漬け置き。
※この際漬け置く容器はHC等によく売っているプラスティック道具箱。
 蓋の付いたものを強く推奨。
※アルミ、銅、亜鉛性のケースは不可。

2.翌日、出勤後洗剤を使って残留溶剤の洗い流し。
●加温式洗浄機、もしくは漬け置き洗浄の場合
  (一定時間浸した後、回転式洗浄機にてすすぎ洗う、または、金ブラシ等で流水にてブラッシングを行う洗浄。)
   
  1. 本洗浄剤を、2倍程度に水で希釈し(汚れの強い場合は原液推奨)、汚れた網を6時間から8時間程度、液の中に漬けておいて下さい。
    (温度の高い方が、汚れが落ちやすくなります。)
  2. 液から網を取り出し、残留溶剤を回転式洗浄機で30分程度すすぎ洗いをするか、中性洗剤等をつかって流水で流しながら金ブラシや金タワシ等でこすって汚れを落とす。
  3. 汚れが落ちた後は、十分にすすいでください。
  4. 誰が洗浄しても同じ様にキレイに仕上がります。


●回転式洗浄機による直接投入洗浄の場合 
(汚れた網を直接回転式洗浄機に入れ、チップ等と摩擦洗浄を行う洗浄。)
  1. 回転式洗浄機に網が浸るほど水を張ってください。(温度の高い方が、汚れが落ちやすくなります。)
  2. 水15Lに対して、本洗浄剤を150ccから200cc程度入れ、40分程度セラミックチップまたはスチールチップ等と摩擦洗浄を行ってください。
  3. 洗浄機から網を取り出し、水でよくすすいでください。汚れが強い場合の洗い残りのコゲは、金ブラシ等で軽くこすって頂ければ落ちます。
  4. 洗浄機の水は、1回ごとに排水して下さい。
【焦げ取りMEAT ご使用上の注意点】
本製品は、「食品衛生法」に定められた有害物質を一切含んでおりませんが、強い洗浄力を発揮させるために「強アルカリ」となっておりますため、以下の事項にご注意いただき、適切に御使用くださいますようお願い申し上げます。

○用途以外で使用しないでください。
○飲用不可
○使用の際は、保護手袋、保護眼鏡を着用してください。
目に入ると失明の恐れがありますので、十分に注意してください。
ほかの洗剤と混ぜないでください。
アルミニウム、銅、亜鉛には使用しないでください。(×使い捨ての網等)
○皮膚に付着した場合は、直ちに多量の水でよく洗い流してください。異常がある場合は、医師の診察を受けてください。
○目に入った場合は、直ちに清浄な水で15分間以上よく洗い流し、医師の診察を受けてください。
○誤って飲み込んだ場合は、直ちに口をすすぎ、無理に吐き出させないで、医師の診察を受けてください。
○直射日光を避け、密閉して、屋内で保管してください。
○凍結のおそれのある場所では保管しないでください。
他の容器に移し替えて保管しないでください。

購 入


©2014-2019 TAKUMI PLUS ALL RIGHT RESERVED